2016年梅雨あたり


何か本質を見抜こうと必死になるだが、付け焼き刃じゃだめだし、ただ疑うばかりで あきらめるというか 複雑ぶるやつらばかりで実は自分と似た気質なので安心することもある。

横浜線車窓は 畑もあり平たさは悠々と広がって時々意味不明な競技場もあり、雲も複雑で横浜の奇っ怪さを表してる。

最近聴いたCDで良かったやつ

ガイ・クラークって人。カントリー歌手だけどもっとロックというか、広がりあるし耐久性ある。予備知識はないけど素晴らしい曲作りと声と ギターも重厚だった。

岡村靖幸/家庭教師 またききだしたらやっぱり良かった。みんな好きなんだろうけど。祈りの季節って曲がかっこいい。たぶん僕が小6か中1くらいの作品なんだろうけど、その時代の日本というか 関東地方が香りが パッケージされてるなあと感じる。家庭教師って作品のどかだなあと思う。

今日は 横浜線でわりと山の方にいく。