兄さん


9ヵ月の甥っ子が僕の頭を触ると泣き止む。とてもなついてくれて可愛いくて仕方ない。4つ上兄貴に可愛い赤ちゃんができたのは 弟として嬉しいし、結婚の予定のない僕は 少し 申し訳ない気持ちもなくはない。
10数年前 そんな兄貴の部屋から 聞こえてきた、まだ4人の頃のサニーデイサービスに浪人生の僕は興味を持つ。
『ゴスミックヒッピー』って曲だった。 兄さん影響で何か始める弟のよくある図だが、最近は妙に兄さんと一緒に住んでいた頃を思いだす。素敵な奥さんと赤ちゃんの為に頑張っている兄貴を 敬う。

先月 曽我部恵一さんの コンサートに僕が 呼ばれた時 勿論兄さんにも見にきてもらった。阿呆な弟が 曽我部氏と歌ってる景色はさぞかし むずがゆい ものだったろう。
唯一 今の僕に できるやつ 兄貴孝行なのだと 弟は思っている。

ちなみに 兄の名前は一郎ではない。