グッバイ シー ユー アゲイン


愛用のギターが 割れてしまいました。難波ベアーズのリハ中でした。寒い日でしたが、ジットリと汗ばむ。年代、メーカー等にこだわらず、 お茶の水で数百のギターを 弾いて その中から、厳選した、お気に入りのパートナーだったのだ。その日は とにかく、唄わなければならない。ショックでしたが もう 済んだ事で目の前にある、ライブに 挑むしかない。 結構何もかも忘れ思いきり唄えました。(それは タイバンした人達の音楽の力も大きかった。)
「俺が何か したかよ?」と完全に 甘ったれました。
翌日 は道行く人間の顔がほとんど 人間に 見えませんでした。
東京に寄って 馴染みの楽器屋さんに、持って行きました。いつもお世話になっている、店員のおじさんは、とても優しく相談にのってくれました。修理には三ヶ月は かかるとの事でした。もう おじいちゃんギターなんで木も カラカラカラカラカラカラ に乾いておるので 仕方ありませんね。でも僕が弾いてから 湿り気も 吸収して 若返ってもいました。 楽器は生き物だから、病気や骨折みたいなものです。

2、3日落ち込んでましたが、くよくよしても 仕方ありません。 別に 他のギターでも唄えるし、あまり 自分の間抜けさを 責めたてても、始まらないと思いました。おおげさですが、人生 まだまだ 続くのです。不思議に清々しくなってきました。
しばらくは 白いエレキギターで 唄います。

まあ いい 思い出だ