ワインバー


あてが外れワインバーへ行く。そこは友人が働いている。接客している友人をみていると大人っぽくみえる。君に捧げるほろ苦いブルースは「スーサイド・サイド・カー」だ。友人は以前よりもとても素敵だった。少しふっきれたのだろう。ビールのんで焼酎のんで冷しトマト食べた。ホッとして家に帰った。

映画「スリップ」「ストーカー」の奇才鎮西尚一監督の映画に出演する。僕の「スーサイド・サイド・カー」のpvだが、短編映画になりそうだ。普段一人で音楽を作っている自分としては、団体で何かを創るのは、新鮮だ。助監督ポールさん、撮影の風太さん、女優の長宗我部 陽子さん、脚本那須さん 凄い人達と仕事させてもらっている。
期待して欲しいです。